国会議員一覧へ戻る


プロフィール

参議院議員
写真 - 山谷 えり子
氏名 山谷 えり子やまたに えりこ
生年月日 昭和25年 9月19日(生まれ)
選挙区 全国比例区
当選 衆議院(1回) 参議院(2回)

ホームページ www.yamatani-eriko.com
eメール eriko_yamatani@sangiin.go.jp

経歴

栄冠幼稚園 (福井市)
福井市立順化小学校
福井市立明道中学校
世田谷区立桜ヶ丘中学校
東京都立駒場高校
昭和48年03月聖心女子大学文学部卒業
昭和63年03月サンケイリビング新聞編集長
平成12年06月衆議院議員初当選
平成16年07月第20回参議院議員(全国比例区) 初当選 得票数 242,063票
平成17年11月内閣府大臣政務官 就任 〔小泉内閣〕
平成18年09月内閣総理大臣補佐官(教育再生担当)  就任 〔安倍内閣〕
平成19年09月内閣総理大臣補佐官(教育再生担当)  留任 〔福田内閣〕 (~20年8月)
平成20年10月自由民主党女性局長 就任 (~21年9月)
平成20年11月自由民主党拉致問題対策特別委員会 事務局長 就任 (~25年1月)
平成21年10月参議院環境委員長 就任 (~22年10月)
平成22年07月第22回参議院議員 (全国比例区) 当選 〔2期目〕 得票数 254,469票
平成22年09月自由民主党SC 拉致問題担当副大臣 就任 (~23年9月)
自由民主党組織運動本部 本部長代理 就任 (~23年9月)
平成23年10月自由民主党SC 内閣府特命担当大臣 就任 (~24年9月)
自由民主党中央大学政治学院 副学院長 就任 (~24年9月)
自由民主党内閣部会 専任部会長 就任 (~24年9月)
参議院予算委員会 委員 (~25年1月)
参議院北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 委員 (~25年1月)
平成24年07月参議院 社会保障と税の一体改革特別委員会 委員 (~24年9月)
平成24年10月自由民主党SC内閣府担当大臣・国家公安委員長・拉致問題担当大臣
(~24年12月)
平成24年12月参議院政府開発援助等に関する特別委員会 委員長 (~25年8月)

現在

平成25年01月自由民主党北朝鮮による拉致問題対策本部 本部長
平成25年10月参議員自由民主党政策審議会 会長
自由民主党政務調査会 会長代理
参議院決算委員会 理事
参議院北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 理事
参議院内閣委員会 委員
参議院政治倫理審査会 委員
国土審査会 委員

○主な所属議員連盟

日本の領土を守るため行動する議員連盟 会長
北朝鮮に拉致された日本人を早朝に救出するために行動する議員連盟 副会長


主な著書

「日本よ、永遠なれ」

「走りつづけて― 父・山谷親平五千六百一回目の朝」

「ねぇ、おかあさん」

「はりきりママのかしこい子育て」

「あなたの笑顔をとりもどすヒント」

「手づくり料理おもしろレシピ」

「人生について父から学んだ大切なこと」

「嫁姑合戦」 (TVドラマ化)など。

主な共書

「論語道場」

「教育正常化への道」

その他

平成24年1月 福井県特定失踪者家族会 顧問

日本ペンクラブ会員、日本記者クラブ会員、日本外国特派員協会メンバー。

一男二女の母。


自己PR

「継続は力」「絶望は愚か者の結論なり」父 山谷親平はいつも私たち家族に言っておりました。正直、親切、勤勉・・ふるさと福井で育てていただいたことが、今の私の原点でございます。働き者日本一の福井女性の代表として恥じぬよう「家族、教育、国なおし」に全力で取り組んでまいります。


特記事項

「日本を守ろう!」 正直、親切、勤勉、節度、品位、調和、礼節、親孝行などの美しい価値や、 主権・国益を守りつづけるために力を尽くしてまいります。また、拉致・特定失踪者問題や領土問題さらに教育問題にも、引き続き全力で取り組んでまいります。

追記事項

父、山谷親平氏。生まれは芦原温泉のべにや旅館。戦時中には学徒動員を経て志願兵として加藤隼戦闘隊に配属されたが無事生還。戦後は産経新聞政治部記者、福井新聞政経部長を経て、FBC福井放送に入社し放送部長に就任。その後、ニッポン放送で『テレフォン人生相談』の司会者となり、「絶望は愚か者の結論なりと言います」の名言などで人気を博す。母は、鯖江市藤田書店の生まれ。